うつについて

うつが再発した話

こんにちは。じろーです。
今日は先回に引き続き「うつ」のはなしだよ。

重いはなしだから
今日覚えたばかりの吹き出しを使ってみたのね(笑)

先回の記事はこちら

環境が変わらないとうつは再発する。

初めての傷病休暇から復職して1年ほどの間はまずまず順調に業務ををこなしていました。

復職してから気を付けていたこと

産業医、主治医の指示もあり仕事中は次のようなことを心掛けて仕事をしていました。

・ゆっくりと仕事をする

・仕事に夢中になりすぎない

・頑張らない

自分ではしっかりと気をつけて意図的に守っていたつもりでした。

医者の言うことを守っているのがつらい

周囲は普通のスピード(といっても鬱になる前の自分からしたら遅い)で仕事をしている中で意図的にゆっくりと仕事をするのはかなり疲れることでした。周囲の人たちは今までと全く同じ人たちなので仕事のやり方が変化しているわけもなくしばらくの間は我慢していましたが、だんだんとまた以前のように「なぜこんな仕事の仕方をしているのか?」「なぜみんな少しでもラクに仕事を進めようとしないのか?」という疑問がまた頭から離れなくなってきました。

部下に脅迫(?)される

仕事のスピードをゆっくりとしているのですが、周囲の部下もそれに乗じて(?)期限ギリギリまで仕事を先延ばしして、直前で適当な仕事をして「これでサインしてもらえないと日程に間に合いませんよ」とか言ってくる。もうこうなると脅迫です。期限前から内容の確認をするからと何度もフォローしていても、「もうちょっとだけ待ってください」とはぐらかされ、最終の納期から逆算すると本当にギリギリのタイミングで出来の悪い資料を持ってくる。そんなことが何度も続きました。

数百万~数千万の投資稟議資料ともなれば自分の上にはまだサインをもらわないといけない人たちが多くいるわけで、自分でも納得のいかない資料にサインをして、あとは自分でその後の稟議をひたすら受け続ける羽目になりました。

なんとか仕事自体は期限に遅れずに進みましたが、そんな部下が同期で同じ係長級(ということは給料も自分とほぼ変わらない)ということにイラ立ちを隠せず事務所で怒鳴りつけて自分が怒られることも出てきました。

そしてまた動悸が止まらず仕事が手につかなくなる

復職から1年がたったころまた仕事中に動悸が激しくなり動けなくなりました。「またか?」と自分も思ったのですが少し休憩してまた仕事を始める。そんな日が2週間ほど続き、万一のことも考えて産業医の面談を受けたいと上司にお願いしました。

明日から休んでゆっくり休養してください。

産業医の面談の日に自分の体調や仕事の悩みなど話をしたところ、いとも簡単に「じろ~さん、明日から休みをとって家でゆっくり休養してください。うつの再発だと思うので主治医の先生を受診して診断書をもらってきてくださいね。」と2度目の傷病休暇宣告をもらいました。

同じパターンを2年連続で繰り返す

ここまで1度目の復職から2度目の傷病休暇までのことを書いたのですが、実は2度目の復職から3度目の傷病休暇までこれと全く同じことを繰り返しました。進歩がないというか、学びがないというか・・・。

2度目の復職以降は2度と同じことにならない。絶対に仕事は「適当に」やってやると思っていたのですが、やはり自分の性格なのかどうしても変えきれずに3度目の傷病休暇を1年後にとることになりました。

1度目の傷病休暇が3カ月、2度目も3か月、3度目は4カ月とって復職しました。3年間36カ月のうち10カ月も休んでしまいました。

そして今4度目となる休みに入ってます

3度目の復職後は色々と会社も考えてくれたのですが、2カ月しか持たず4度目でしかも傷病休暇ではなく休職ということになりました。この経緯はまた次回にでも書こうと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。