ダイエットについて

ビタミンをとるにはどうするか?

こんにちは。じろ~です。ここまでタンパク質・脂質・糖質について書いてきましたので、今日はビタミンについて書きたいと思います。

タンパク質については「サプリメントはどこで買うのか?

脂質については「脂質はちょっと減らしましょう。

糖質については「糖質はきちんととれていますか?」を参照してください。

ビタミンをとるにはどうするか?

結論:バランスよく色々なものを食べるかサプリメントを活用

ビタミンには色々な種類があってそれぞれおもな働きが異なります。有名なところではビタミンCの「抗酸化作用が高いので老化や動脈硬化、ガンなどの原因になる活性酸素の除去」というのがありますが、ことダイエットに関して重要なビタミンは他にあります。

ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12)がダイエットに対しては有効です。全部ビタミンB何とかなので一緒じゃないの?と思われるかもしれませんが、それぞれ少しずつ得意な働きがあります。

ビタミンB群それぞれの働き

ビタミンB群のそれぞれの働きとそれが豊富な食物は以下の表をご覧ください。

名前機能豊富な食べ物の例
ビタミン
B1
糖質の代謝(分解)を促進する豚肉、たらこ、うなぎ、
グリーンピースなど
ビタミン
B2
3大栄養素(特に脂質)の
代謝を促進
レバー、うなぎ、魚肉ソーセージ、
納豆、卵など
ビタミン
B6
タンパク質、アミノ酸の
代謝を促進
魚類(特にマグロ、カツオ)、
牛レバー、鶏肉、にんにくなど
ビタミン
B12
赤血球の合成を補助し、
脂質の代謝にかかわる
あさり、牡蠣、レバー、
サンマ、たらこ、のりなど
ビタミンB群の働きと豊富な食べ物の例

表から分かる通り、ビタミンB群のそれぞれの要素はすべて「代謝」にかかわっています。体の中にたまった脂肪、とりすぎた糖分を消費して「なかったことにする」ためにはビタミンB群が欠かせません。

どのようにしてビタミンB群をとるのか?

ビタミンB群が良いのは分かったとして、どのようにしてきちんと摂っていくのかを考えます。

もちろんリアルな食べ物として、毎日バランスよくきちんと食べるのが一番良いですが、上の表を見てもわかる通り結構いろいろな食品をとらなければいけませんし、ビタミンBのほかにもビタミンA、C、D、E、ミネラル等々さまざまな栄養素をきちんと摂ろうとすると、様々な食材を食べる必要がありますし、必要量を確保しようとするとそれなりのカロリーを摂取しなければなりません。そうなると余分なカロリーは仕事や運動で消費しないと痩せるどころか太っていってしまいます。

そういった場合にサプリメントを使えば比較的楽に補うことができます。

マルチビタミンがおすすめ。

ネットで調べると様々なサプリメントが出てきますが、「色々なビタミン、ミネラルをまんべんなくとる」ことをサプリメント任せにしてしまえば、あとは三大栄養素のタンパク質・脂質・糖質だけを考えればよいので比較的食事のメニューに悩む必要はなくなります。そこで「マルチビタミン」をおすすめします。

これらの中ではネイチャーメイドのスーパーマルチビタミン&ミネラルを飲んでいました。一日一粒でよいのでお手軽です。ただし粒がちょっと大きいので大きな錠剤をのむのが苦手な方は半分に割って飲むとよいです。

他にはコストコの会員であれば、コストコのカークランドシグネチャーに「マルチビタミン」があるので、これでもよいと思います。これはそれほど大きくない錠剤で1日2錠です。これは今自分も飲んでいます。

の他にもアメリカのサプリメント通販大手「iherb」でも色々と買えます。おススメは男性には「オプティマムニュートリションのオプティメン」です。女性には同じくオプティマムニュートリションの「オプティウーメン」がいいと思います最近テレビで話題になったビタミンDも安く買えます。さすがサプリメント大国アメリカといった感じです。

iherbは2000円以上買うと送料無料になりますし、1週間程度で届くのでとても便利です。ただしモノによっては日本人の最大摂取量を超えるものもあるかもしれませんので、最大摂取量はウェブなどで一応確認したうえで購入してください。(上にあげたものは大丈夫です。)

もし利用される場合は紹介コード「BCQ7143」を入力すると5%割引になりますのでぜひどうぞ。

今日のまとめ

・3大栄養素だけではなくビタミンもとりましょう

・リアルフードからとれるのが理想だけど、たくさん食べないといけないよ

・カロリー摂取をひかえるにはサプリメントを活用するのもアリ

・マルチビタミンを使うと栄養管理が楽になるよ

ラクにやせるのに「あれを食べるかこれを食べるか」と悩むのも面倒です。薬ではなくあくまで「栄養補助食品」なので、上手に活用して健康的にやせていきましょう。

今日も読んでいただき とってもありがとうございました!