ダイエットについて

糖質はきちんととれていますか?

こんにちは。じろ~です。昨日もサボっちゃいました。

先回「サプリメントはどこで買うのか?」で栄養補助としてサプリメントもいいということを書き始めましたが、タンパク質(プロテイン)で終わってしまったので、今回は糖質について書きたいと思います。

糖質きちんととれていますか?

カロリーコントロールをしていると、特に「甘いものは敵!」と糖質を制限する方がみえますが、砂糖はともかくとして糖質を全くとらないのもあまりよくありません。(糖質を断つダイエットもありますが、中途半端に糖質を断つのでは意味がない)

自分も試行錯誤する中で糖質をカットしたこともありますが、今はどちらかというと脂質をカットする方向で食事をしています。なぜかというと、健康をたもてる範囲にあるのであればできるだけカロリーを下げたいわけで、しかも「食べた感」を得たいと思うわけです。

3大栄養素のうち、タンパク質と糖質は1gあたり4キロカロリー、脂質は1gあたり9キロカロリーなので、同じカロリーを摂る場合、単純に脂質よりも糖質・タンパク質のほうが2倍食べられるとそう考えました。

糖質が足りないとどうなるのか?

糖質を仮にとらなかった場合には何が起こるのでしょうか?

・集中力が散漫になる

・筋肉が分解される(筋肉が落ちる)

といったことが起きます。

どちらもうれしい状態ではないので糖質は適度にとった方がよいです。日本人の栄養バランスとして摂取カロリーの約60%を糖質でとるのがよいとされています。ちなみに糖質=炭水化物+食物繊維ということは知っていましたか?実はごぼう、レンコンといった食物繊維を含む根菜類は意外と糖質が多いです。でも体に良いのできちんと食べましょう。

どのような糖質をとるのがよいか?

日本人の一般的な食生活からすると、一番多い糖質摂取はごはんからではないかと思います。でも、じぶんはごはんはここ半年くらいはほぼ食べていません。糖質が足りないようならご飯を食べればいいだけなので、糖質サプリメントはここでは必要ないと言っておきます。

GI値って知っていますか?グリセミックインデックスの略で、この数値が高いほど食べた後で血中の血糖値が急激に高くなります。GI値が低いと血中の血糖値は緩やかに上昇します。

血中の血糖値が上昇するとインスリンが分泌されて体内に取り込まれ、体を動かすエネルギーとなります。急激に血糖値が上昇すると一気にインスリンが分泌されて、体内に一気に取り込まれていきますが使い切れない分は脂肪として貯蔵されていきます。でも血糖値が低いと空腹を感じたり、さらに低すぎると低血糖という危険な状態になります。なので、GI値が比較的低めな食品を摂っていくことで緩やかに血糖値を上げて緩やかに取り込んでいくことで、取り込んだエネルギーを余らせることなく使っていけば脂肪はつきにくいということになります。

オートミールがいい

ご飯に代わるものとして「痩せるために「ごはん」を置き換えてしまおう!」でオートミールがいいですよと書きました。実際に自分もずっと食べ続けていますが本当にいいと思います。でも自分は知らなかったんですけど、オートミールっていま流行っているみたいですね。今日近所のイオンへ買い物に行ったら、いつもオートミールがいっぱい置いてある棚がホントに空っぽでした。

確かに前に業務スーパーへ行った時も500g入りオートミールは在庫切れでした。でも1kg入りのオートミールは箱にたくさん入っていたので気にしなかったんですが、先日同じ業務スーパーに行ったらたくさんあった1kgオートミールが全くなく、500g入りのものが数袋あっただけでした。

「オートミールいいよ!」といったところで買えなければ困りますよね。

代わりに玄米か、もち麦食べましょう

お手軽さ加減ではオートミール(GI値55)に負けますが、玄米(GI値55)やもち麦(GI値65)も白米のGI値88より低いのでおススメです。食パンのGI値95には圧勝ですね。

お弁当を会社へ持っていくのを忘れたときは社食で玄米ご飯を食べようと思うのですが、うちの会社の社食では特に女性の方に人気があるようで自分が行ったときにはすでに売り切れていたりするんですよね。で、仕方なく白飯食べることがたまにあります。

GI値が低めの食べ物を食べるように心がけるだけで空腹感も感じにくくなりますし、ダイエットにも効果的ですから今食べている食品のGI値を一度調べてみるのもよいのではないでしょうか。

今日のまとめ

・糖質もしっかりとろう

・糖質はサプリメントは特にいらない。

・一番のおススメはオートミール

・でも玄米やもち麦でもいいよ。

・GI値の低い食品をさがしてみよう!

我が家の今日の夜ご飯は手巻き寿司です。自分はオートミールとお刺身ですけど。

今日も読んでいただき とってもありがとうございました!