あれとかこれとか

ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用

こんにちは。じろ~です。

今日はダイエット・・・ちょっとお休みです。

ジョブ型とメンバーシップ型どちらがよいか?

雇用(契約)形態についての話です。

自分は「一定以上の規模の会社はジョブ型に早くなればよい」と考えます。

YouTubeでイケハヤさんが「ジョブ型雇用の時代が始まる」と

動画をアップされていました。

非常にわかりやすく解説をしていらしたので、

ぜひ一度ご覧いただくとよいと思います。

新入社員の課長がやってくる

欧米は以前からジョブ型(職務内容を明確にして

その職務だけをやるという契約を会社と結ぶ)でしたが、

日本はメンバーシップ型(会社の裁量で職務変更ができる)が、

多く、会社とどのような職務をするのかを明確にして

就職した人は少ないのではないかと思います。

ジョブ型雇用のいいところ

海外赴任していたころを含めて自分が一緒に仕事をした外国人の人は

自分と違ってジョブ型雇用でした。

たとえば最初から「マネージャー」として就職してくるわけです。

いきなり課長さんが新人で来る。日本ではまず無い。

その分、仕事の内容の理解も早いので即戦力でエンジニアを

きちんと統率して仕事を進めてくれます。そのような人材は他社で

経験を積んだうえで来るのでプロですよね。

しかも契約時点で自分の仕事が明確になっているので、その職務に

没頭してスキルを上げていけばおのずと評価が上がり収入も増える

やる気の出るシステムです。

その代わり、面接時点で能力をサバ読んでいたり、人事担当者が

顔見知りで甘い判断を下したという場合など、もともと要求されている

職務に対して出来栄えが悪い場合は、そのまますぐに評価に影響するので

長く勤められることはあまりありませんでした。

短期間で会社を渡り歩く人は自分が会った中では、仕事のできる人が

自分の評価(給与)やスキルを上げるために転職するか

その逆にできない人が給与が上がらないのに耐えかねて転職したかの

どちらかでした。

(「できない」人は来ても「できない」のに変わりないので

またすぐに消えます。)

本当の能力主義です。

今の「成果主義を掲げているが、訳のわからない

年功序列の域をいつまでたっても出ない」日本の会社より、

本当にうらましい契約形態だなと思っています。

でも今のシステムに慣れた日本人には相当厳しい

当然、なんとなく会社に行ってなんとなく時間を過ごして

周りに合わせて残業していれば給料をもらえる「時給感覚」で

仕事をしている正社員は淘汰されます。

いくら時間をくれても価値がない時間にお金なんて普通出しませんよね。

きちんと「仕事をして会社に利益をもたらす」から給与がもらえるようになります。

資料のアウトラインを最終の落としどころまでストーリー立てて

ほぼ完成形まで説明した異動後4年目の自分が

キャリア30年の部下に「どう書けばいいか細かく言ってくれれば

その通りに書きますけど、どう書けばいいんですか?」とか言われて

キレる必要はなくなります。

おそらく病む人減るんじゃないでしょうか?(無能は除く)

そういう「できない」人は残念ながら社会を恨むでしょうが、

その社会のおかげでなぜか今までやってこれたのでまだいい方でしょう。

若い人も大変になるが、実力次第で取り返せる

「おれはこの道で食べていくんだ!」という目標をしっかり持った

若い人は充分に恩恵を受けることができるでしょう。

おめでとうございます。

でも学校を出たばかりで何をしたらよいのか?何が向いているのかわからない

若い人たちについては、就職の時点で「道間違えた!」ということも起こるでしょう。

今だと「再就職厳しいから我慢しよう」と社畜になるか、「こうなったら独立だ!」と

いう考え方もあるでしょう。

でも「別の会社に就職だ!」はこのご時世で魅力的な仕事に就くのは難しい気がします。

でもそれがジョブ型になれば、頑張って自分の得意な分野を見つけて頑張ることで

「新入社員で課長」を目指す道も開けます。

その方が勉学にもより力が入るんじゃないでしょうか?

「一定の規模以上」でないとジョブ型でないほうがいい理由

ジョブ型雇用はガッチリと職務を明確にするので、個々の職務のスキマに

入り込むような仕事は基本的に誰もしません。

なので「かゆいところに手が届く」ような助け合いでスキマを埋めることが

できません。

また、隙間を埋めるべくすべての職務を羅列すると広範囲になりすぎるため

そもそもそんなプロはいません。

なので、プロでなくても何でもできるオールラウンダーの方が

少人数の会社の場合は有利です。

海外赴任中、ほかの日本人は「自分の仕事はここまで」とキッチリ線を引いて

他の仕事をしたがろうとしない人が多かったですが、日本企業なだけあって

スキマに落ちる日ごとが多々あり、勉強だと思って専門外の仕事もたくさん

させてもらいました。

今ではそれが役立っているので、日本型も悪いところばかりではないです。

でも今は弊害の方が大きいと思います。

今日のまとめ

・日本の雇用形態がメンバーシップ型からジョブ型に変わっていく

・ジョブ型になると完全成果主義

・時間を売っても給与をもらえなくなる

・頑張って勉強する時代がくる

あまりにうれしくて一気に書いてしまったので取り留めがないですが、

自分は今の会社というシステムの中で「逃げ切ろう」と考えているので

一日も早く自社が「今日からジョブ型にしまーす!」と言ってくれるのを

願ってやみません。

ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました。