クルマについて

じろ~さんの愛車遍歴【その1】

こんにちは。じろ~です。

今日は自分の愛車遍歴を書いてみようと思います。

楽しかったミラターボ

自分は初めて自動車免許を取ってからすでに30年経ちますが、

今までの車歴はこんな感じです。

・M-L70V ダイハツ ミラターボTR-XX

1991年に買った初めてのマイカー。中古で63万円で買いました。

もちろん5MTです。

まだ軽自動車が550ccのころのクルマで、

「TR-XX」なのにキャブ仕様だったので

最高出力が50psしかありませんでした。

新規格660ccならNAでも50ps以上なのに。

でもターボが効き始めると「ヒューン」とタービンの音がすごく聞こえて

カキーンと加速していくのはたまらなく楽しかったです。

初めてのDIYでのクルマいじりもこの車。

ターボタイマーをわけもわからず取り付けていて、

バッテリー外さずに一気にイグニッション系のコードを

ニッパーで切ったらセルが回ってビックリした覚えがあります。

ある通勤途中の朝、追突されて納車後5カ月で廃車になりました・・・。

初めての愛車があっという間に廃車になって悲しかったです。

親から強奪したカペラカーゴ

・E-GV8W マツダ カペラカーゴGL-X

ミラ廃車後、親のクルマを譲り受ける というより1991年に強奪(笑)

この車は新古車で乗り出し160万円くらいだったと思います。

1800ccのクルマが160万円で買えるなんて今からしたら

ホントに安い。

この車ではスキーに行ったり、ウィンドサーフィンに行ったり

いろんな所へ遊びに行きました。

乗り始めた当時はステーションワゴンブームの始まりで

スバルのレガシィとカペラカーゴが人気。外車ではボルボ、メルセデス。

そのあとで日産からアベニールとかトヨタからカルディナが出たりと

今のミニバンのようにステーションワゴンだらけでした。

次のカペラワゴンを買うまで14万キロほどお世話になりました。

結婚して2台持ちに

・E-KK3 スバル ヴィヴィオ(グレード忘れた。確かem)

1997年、結婚してヨメさんが持ってたクルマと

2台持ちになりました。

クルマに興味のあまりないヨメさんがなぜか

「クルマに乗るならマニュアルミッション」

謎なこだわりを持っていたので

ミラ以来のマニュアルミッションを思い切り

楽しむことができました。

そんなこだわりがあるならなぜ「RX-R」を買わなかったのかと

本気で思いましたが、お金出したのはヨメさんなのでしょうがないですね。

その後、自分が電車通勤だったので「2台も車いらないよね」と

手放しました。

マツダ地獄はそう地獄でもない

・GF-GWEW マツダ カペラワゴンSX

2000年に買ったこのクルマ、今見てもカッコイイなぁと

思うんですけどね。思いません?

カペラカーゴを買い替え。俗にいう「マツダ地獄」というやつです。

自分の親は

ファミリア ⇒ ルーチェ ⇒ ファミリア ⇒ カペラカーゴ ⇒ 

ファミリア ⇒ デミオ ⇒ デミオと7コンボで今もハマっています(笑)

2000ccフル装備の新車乗り出し価格が確か205万円。

激安です。今なら軽自動車でも無理な価格です。

このクルマもやはり使い勝手がよく、いろんなところへ遊びに行きました。

やっぱり海や山ってセダンよりもステーションワゴンが似合うと今でも思います。

スキーに行くときに屋根上に板積んでいくと(板は痛むけど)車内が濡れないし、

ミニバンと違って屋根が低いから板の積み下ろしもラクで、自分はミニバンよりも

ステーションワゴンのほうが好きです。

でも最近の国産車にはステーションワゴンのラインナップが少なくて選ぶ楽しみが

ほぼ無いのでとても残念です。

流行りは何年か周期で回ってくるので、次のステーションワゴンが流行るまで

もう少し待とうかどうしようかと悩んでいます。

そしてミラに戻る

引越しをして会社に車で通う必要が出たので、

「通勤車だし安いクルマでいいよね」と新古車のミラバンを購入。

もちろん5MT。乗り出し53万円でした。

これがまた軽くてよく走る。45psしかないわりには

リヤゲートの内張がないくらい徹底された軽量化

(というよりは低コスト化)により

すごく軽いので、毎日の通勤がとても楽しかったです。

当然燃費もとんでもなく優等生でいいクルマでした。

2003年以降は珍しい車に

ここまでが2003年までの遍歴。13年で5台の車に乗りました。

その後、2003年にカペラワゴンとミラを手放して

クルマを所有しない生活になりました。

その理由とその後の遍歴についてはまた次回書きたいと思います。

今日も読んでいただいて、とってもありがとうございました!