ダイエットについて

痩せるためにはしっかり噛もう

こんにちは。じろ~です。

先回までで自分が痩せるためにした基本的な方法を説明しましたが、今回はちょっと細かい話を書きたいと思います。(ここまでも充分細切れだと思いますけど。)

小さいことだけど痩せるためのテクニック

結論:食べやすい大きなスプーンは使わない。

そんなのあたりまえでしょ?と思うかもしれませんが、痩せる方法なんてみんな結局おなじ方向へ向かうんですよ「カロリー消費が摂取量を超えるようにする」だけなので、どうやってそれを実現するのかをそれぞれの好みに応じて実践しやすくするだけ。だから多くのダイエット方法を調べてみると同じような内容が出てきます。

実際にやってみるとよくわかりますが、お昼をもち麦おかゆにしたり、主食のごはんをオートミールに置き換えたりするとハシではやはり食べづらいのでスプーンを使います。このスプーンの大きさは小さければ小さいほどいいです。

少しずつ食べる

要は「少しずつ食べる」ということなので大きなスプーンでちょっとだけとって食べてもいいのですが、大きなスプーンの先っぽにちょっとだけ乗ったオートミールを食べるのを想像するとさびしくないですか?自分は「我慢してる」「頑張ってる」感があって気持ちよくは食べられなかったです。なので「家で一番小さいティースプーン」を使って食べています。

小さなティースプーンならスプーンの大きさにたいしてガバッと多くの量をすくいたいとも思わないですし、口へ運ぶ回数も多くなるので満足感が違います

よく噛んで食べよう!

小さなティースプーンで口へ運んだら、もち麦やオートミールはよく噛みましょう。どちらも粒に「黒い線」が入っていますが、これは全麦連によると「黒条線(こくじょうせん)」といい麦の外皮が粒のくぼみに残ったものだそうです。繊維質なのでおそらく何も言わなくても噛むと思いますし、麦に限った話ではなく白米でも同じですが、よく噛むことによって本当に満腹感が得られます。

少しずつよく噛んで食べることで、少しの量で満腹感を得られるようになります。炭水化物好きで今までどんぶりご飯が好きだった(今も好き。セーブしています。)自分が言うのだから間違いないです。

チョコレート1個でも満足

自分はどちらかというと「普通の人よりよく食べる」カテゴリーの人だったので、最初のうちはどうしても「大きな口でガバッと頬張らないと満足できない」と思っていましたが、小さなスプーンでちょっとずつ食べ続けていたら平気になりました。

だから今ではちょっと口さみしい時に食べる「チョコレート1個」(1かけらです。デカい板チョコ1枚ではありません)でも満足感を得られるようになりました。これも一日の摂取カロリーを抑えることに大きく貢献しています。

今日のまとめ

・「食べやすい」はダイエットの敵

・少しずつよく噛んで食べる

・とにかく噛んで「満腹感」をゲットする

・おやつも少しで済むようになると減量が加速

当たり前と思われることを書きましたが、すくなくとも自分は当たり前ができていなかったからポッチャリだったんだなと思います。多少痩せたいなと思った人は試してみてください。

とってもありがとうございました!